遺言書 不動産の書き方

不動産を記載するときには、ぜんぶ一人に相続させる以外には、出来るだけ間違いのないように記載をすることが必要です。

自宅とした場合でも、自宅の隣の私道部分をお隣の方と共有している場合に、相続できない場合があります。

また、住所と不動産の地番が違うことが多いので間違いの原因にもなります。

一度権利証の不動産の表示とあるところを見て、所在、地番を確認しておくことをおすすめします。

土地の書き方見本

所在 ◯◯県◯◯市◯◯町

地番 ◯◯番◯◯


所在 ◯◯県◯◯市◯◯町

地番 ◯◯番◯◯

建物の書き方見本

所在及び地番  ◯◯市◯◯町◯◯番地◯◯

家屋番号  ◯◯番◯


所在及び地番  ◯◯市◯◯町◯◯番地◯◯

家屋番号  ◯◯番◯

まとめ

以上のように、土地は所在と地番で、建物は所在地番と家屋番号で特定できます。

翔栄法務司法書士事務所の対応エリア

翔栄法務司法書士事務所は、下北沢、代々木上原、笹塚、世田谷区、渋谷区の相続・成年後見・会社設立をサポート致します。

その他の地域は、ご相談ください。前向きに対応させていただきます。

お知らせ

  • 【相続・遺言なんでも相談室(全国)】詳細はこちら
  • 【教えて税理士さん!】疑問・質問を募集します。詳細はこちら。ご応募お待ちしています!