緊急時遺言書の作成方法

1. 定義と状況認識

緊急時遺言書は、通常の遺言書とは異なり、特定の緊急状況(例:重大な病気、災害時など)でのみ作成される。
この遺言書は、通常の遺言書に求められる法的形式を満たさなくても有効とされる場合がある。

2. 必要要件

①立会証人

立会証が必要。立会証人の数は3名必要となるので、すぐに呼べる、または近くで信頼できる第三者の方にお願いしましょう。

②文書の形式

口頭での遺言の内容を伝えて、立会証人の中の方に書面に書き出してもらい、それを読み上げて本人に間違いないかどうか確認する方法が望ましい。もちろん事前に自分で書いたものを準備して来てもらって確認してもらう方法だと、ご自身の意思どおり伝えられるでしょう。立会人は、聞き取った内容をにして、立会人3名の署名押印を添えて書面にします。

③家庭裁判所への届出

立会証人となった人は、遺言があってから20日以内に家庭裁判所に確認審判を受ける必要があります。ただし、裁判所に持参したから必ず確認審判がされるわけではありません。

3. 有効期間

緊急時遺言書は急いで作成された一時的なものです。緊急状況が終わったら、すなわち病状が回復したり緊急事態から解放された場合は、一定期間内に通常の遺言書に置き換える必要があります。

4. 内容

財産の分配の方法、遺言執行人の指名、特定の望みや指示など、遺言者の意思をできるだけ明確に記載する。

5. 法的アドバイス

できれば、事前に法的アドバイスを受けておかれるといいのですが。特に緊急時遺言書が正式な遺言としての役割を果たすためには、法的要件を満たしていることが重要となるからです。緊急時に行うため、また本人も周りも立会人も初めてのことが多いので、確実は遺言書として認められるかどうかは、たの遺言書に比べて難しいと考えておいた方がよいからです。

6.最後に

緊急時遺言書は特別な状況下でのみ作成され、通常の遺言書と異なる要件があるが、遺言者の意思を明確に反映させることができる重要な法的文書です。

緊急状況が解消された後は、通常の遺言書に置き換えることが必要であることは覚えておいて下さい。

無料相談を受付中です

無料相談を随時受付しております。日本全国からオンライン相談も可能です。記事を読んでのご相談もお受けしています。お問い合わせフォームからご相談ください。

目次